ライブ配信スタッフが考える 自宅ネット回線の改善ポイント~初級編~

ライブ配信スタッフが考える 自宅ネット回線の改善ポイント~初級編~

木村情報技術の野津です。当社では年間約2,000回以上のインターネットライブ配信イベントを運営しております。

ライブ配信イベントを運営するにあたって何が一番重要か?それはネット回線です。ネット回線がそもそもない....とか、ネット回線が不安定...という状況ではそもそもライブ配信を行うことすらできません。

本記事では、当社が培ったネット回線のノウハウを用いて、皆様のご自宅のネット環境改善について簡単に説明させていただきます。

こんな問題起こっていませんか??

  • 場所によってWi-Fiが途切れちゃうんですけど...
  • YouTube動画が頻繁に止まっちゃう、画質が急に荒くなって見られません...

※目次をスキップする

目次

    初級編:デュアルバンドを使いこなす。

    まずはよくある問題、Wi-Fiが途切れてしまうというトラブルですが、非常に多いケースです。そもそも家庭用のWi-Fiルーターは微弱な電波しか飛ばせませんのでルーターとの距離や障害物の種類によって繋がりにくくなるものです。

    そこで、ひとつ気にかけていただきたいのが「周波数帯」です。

    Wi-Fiの規格

    周波数帯の説明の前にまずはWi-Fiの規格について説明します。

    Wi-Fiには複数の規格があります。お持ちのスマホやタブレット、ルーターなどの取扱説明書に「11a/b/g/n/ac」といった暗号のような記載がされていませんか?(近年ではWi-Fi 1~5と呼ぶこともあります)これは対応しているWi-Fiの規格名です。最近のデバイスはほぼ「11ac」※1という比較的新しい規格に対応しているはずです。

    まずはお持ちのデバイス・ルーターがそれぞれどの規格に対応しているかを調べてみましょう。「11ac」の規格に対応しているルーターであればほとんどの機種で2種類の周波数帯(デュアルバンド)※2を利用することができます。

    ※1 正式にはIEEE802.11ac(通称11acもしくはWi-Fi5)、最近発売のルーターについては最新規格IEEE802.11ax(通称11axもしくはWi-Fi6)に対応しているものもあります。
    ※2 高性能ルーターの一部機種ではトライバンド(2.4GHz+5GHzが2種)に対応しているものもあります。

    Wi-Fiで利用する周波数帯

    Wi-Fiで利用する周波数帯は以下の2種類です。

    (1)2.4GHz帯
    (障害物に強いが混線しやすい)
    (2)5GHz帯
    (障害物に弱いが混線しにくい、通信速度の上限値が2.4GHz帯に比べ高い)

    この2種類の周波数帯をデバイスによって最適なものに切り替えれば途切れの改善はみられると思います。

    例えば、ルーターは1Fリビングに設置しているとして、同じリビングで使うPC、スマホ、タブレットなどのデバイスであれば5GHz帯を使用するのが最適でしょう。2Fの部屋や、同じ階だとしてもリビングから離れた部屋であれば2.4GHz帯を利用するのが適しているといえます。

    周波数帯を切り替える方法

    ではどうやって周波数帯を切り替えるのか??

    まずはルーターの取扱説明書、添付書類もしくはルーター本体に「SSID:◯◯◯◯」といった記載がございませんか?このSSIDが2種類記載あればそれぞれ2.4GHz・5GHzのWi-Fi名(=SSID)です。お持ちのデバイスでそれぞれ最適なSSIDを選択することで途切れについては一部改善するはずです。

    参考: BUFFALO製ルーター WSR-1166DHPL同梱のセットアップカード。2.4GHzと5GHzのSSIDがそれぞれ表記されています。

    出典元:BUFFALO よくある質問
    https://www.buffalo.jp/support/faq/detail/14340.html

    まずはこちらのデュアルバンドを使いこなして快適なネット生活を。
    それでも改善しない方は中級編をご覧ください。

    さいごに

    ここまで書きましたが当社のライブ配信では基本的にWi-Fiを利用することはありません。使うとしてもバックアップ程度に留めております。なぜならライブ配信では一瞬の途切れや混線も許されないため。

    当社では原則、有線LANを利用して各種デバイスを接続しております。また、1つのイベントでネット回線・プロバイダ契約を複数用意しておき、いざとなったら切り替えて利用できるようにしております。視聴される皆様がより快適で安心して視聴できるように万全の体制でイベントを行っております!

    シェアしませんか?

    この記事の執筆者

    次へ

    ライブ配信スタッフが考える 自宅ネット回線の改善ポイント~中級編~

    ライブ配信スタッフが考える 自宅ネット回線の改善ポイント~中級編~


    前へ

    入社一年目のための!知っておきたい日本語

    入社一年目のための!知っておきたい日本語